【島田市】スカランタン祭りにクラウドファンディングを通して参加してみた

クラウドファンディングを初めて利用した。

 

こんにちは、虹恋です。

支援というか、ただイベントにお金を払って参加しただけっていう言い方もある・・・

ともあれ、

静岡最大級の島田スカイランタン祭りを作りたい!

そんな活動に賛同してみました。

申し込んだ後、4日前まで詳細連絡が何もなくて、かなり不安になったりもした。

なぜなら、クラウドファンディング上では結局パトロン数が12人だけ。

目標金額20万円のところ、84,600円・・・。

 

不安だ。

 

しびれを切らして5日前メッセージを送り、4日前に無事連絡が来て、行われる様子。

当日ほんとナビを頼りに現地まで。

山越え谷越え・・・「ほんとにこっちでいいの・・・?」

と不安になる田舎道を進み、無事到着。

 

山間いにある“島田市野外活動センター 山の家”。

f:id:nijikoi:20191203140353j:plain

13:30~予約受付が始まり、15:35までが受付時間。

しかし、打ち上げは17:15です。

 

娘の年齢7歳を考え、まぁ、妥当な時間かなと15時着。

受付をすまし、ランタンをゲット。

f:id:nijikoi:20191203140006j:plain

自由にランタンに絵や文字を書き入れて。

出来たら、ランタンを膨らませてもらいます。

(具体的にはLEDライトを入れた風船をふくらませる)

f:id:nijikoi:20191203140420j:plain

そして、約2時間「風船が飛ばないようにしてください」・・・

f:id:nijikoi:20191203140229j:plain 結構大変なんですけど~

時に真横の岩山にカモシカが出没したり、出店で五平餅やバングラデシュカレーを食べたり、そんなことをしながら時間を待ちます。

 

徐々に底冷えする寒さ。

暗くなるとともに、満点の星空となりました。

冬の田舎はとっても星がきれい。

タッチセンサーイルミネーションの用意もあり、子供は楽し見ながら時を待ちます。

f:id:nijikoi:20191203140305j:plain

そして、走くりまわって、打ち上げ5分前にすっころんでランタン破れるってね・・・。

 

まぁ、幸い中身が風船入ってる事だし、暗くなっちゃえば関係ないから

時間もなかったのでそのまま使用しました。

 

結局17:30からイベント開始。

f:id:nijikoi:20191203140136j:plain

書道のパフォーマンスがなぜかあって、それからカウントダウンとともに一斉にランタンが浮き上がって行きました。

 

f:id:nijikoi:20191203140159j:plain

f:id:nijikoi:20191203140039j:plain

もちろんラプンツェルやアラジンのBGMを流しながら。

 

当日は結局の200基が打ち上げられて、満点の星効果もあってきれいでした。

特に幼児や子どもは風船が大好き。

ディズニー映画を見る年ごろの子ならなおさら。

7歳の娘は大興奮。

思い出深く残ったようです。

願いをランタンに書いて、それを空に向かって浮かび上がらせるって、なんだか感慨深いものがありました。

ゆっくりと飛ぶ姿にのって、「願いよ、届いて・・・」ってどことなく考えてしまって。そういう時間がきっとかけがえのないもの。

 

さて、子供たちもさることながら、女子というか女性陣の写真撮影はあの手この手で。いろんなものを持ち込んではランタンフェスをおさめていましたよ。

1杯のコーヒーが連れてくる世界旅行

戦争を知らない国?

 

こんにちは、虹恋です。

マラウイという国を知っていますか?

私は今日、世にも(私にとっては)珍しい「マラウィ・コーヒー」なるものを頂きました。

 f:id:nijikoi:20191125141250j:plain

マラウイ

どことなく聞いたことがあるような、ないような。

f:id:nijikoi:20191125141333j:plain

コーヒーと一緒に頂いたリーフレットには、

「世界最貧国の一つ、貧しいけれど戦争をしたことがない穏やかな国」とある。

 

戦争をしたことがない??!

果たしてそんな国が世界にはあったなんて・・・

 

早速ググってみましたよ。

Wiki先生によると、

独立以降、アフリカでは珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ。

 

なぜそんな素晴らしい国が、知られていらないのだ。

独立が1964年だっていうから55年前・・・

ん?そう考えると、日本のほうが対外戦争や内戦をしていないんじゃ・・・

 

いやいや、アフリカでは珍しく。。。という言葉が悲しく響く。

戦争や内戦がなくとも、貧困、HIV/AIDS、マラリアなどが蔓延し、子供の人身売買、性的暴力、低年齢婚姻等々考えられる悲しい出来事がこれでもかって詰め込まれた国で、

”戦争がないから平和なんだ”って安易に最初飛びついた自分が恥ずかしい。

 

この苦境にあって(我々から見たら苦境だが、当事者にとってけして苦境ではないとは思えない)穏やかな国と、ものは言いようなのかもしれないが、形容される国とはどのようなものか。

 

1杯のコーヒーが、遠いアフリカの国を連れてくる。

人々ができることをそれぞれ為すことの意義がここなのかもしれない。

 

平和ってなんて尊いことなのか。

空が青いと知っていることがなんて幸せなことか。

 

“いただきます”

コストコ?いやいや、業務スーパーです(笑)

こんにちは、虹恋です。

嫌だけど、「タピ活」しちゃってる自分が・・・

 

ネットで見ちゃって、買いに行ってしまった。

業務スーパーへ。

300g300円。

f:id:nijikoi:20191124230514j:plain

大人気との事で品薄で、一家族2袋までになってました。

残り少し。

ちなみに1kgの方はすでに売り切れていました。

 

台湾から直輸入。

沸騰したお湯に30秒!?

簡単すぎです。

 

で、早速。

茶色のチョコみたい。

f:id:nijikoi:20191124230313j:plain

沸騰したお湯に入れて・・・30秒。

マジで?

キラキラ宝石みたいだし。

 f:id:nijikoi:20191124230159j:plain

でも、肝心の味。

 

マジ、タピオカ!

中までちゃんとモッチモチ!!

これ、ほんと大正解!

 

安い、早い、おいしい。

噂の3拍子!

ほんとにほんとに、オススメしちゃいます(笑)

普段はこういう流行りには乗らないんだけど・・・

好きなの、ナタデココとタピオカwww

朝から泣かせる新聞は、やっぱり広く浅く読みぬけるべき

また、泣いた。

 

こんにちは、虹恋です。

朝、新聞を読んでまた2度程泣きました。

ポタポタ落ちる涙は「焼き場の少年」の記事。

 

「焼き場の少年」の写真をしてますか?

被爆者として、悲惨さと同時に命の尊さを伝えるものだとローマ法王が世界で配っている日本の少年の写真です。(もちろん今は85歳の老人になっているはずとのこと)

 

f:id:nijikoi:20191122085127j:plain

各方面でこの少年の行方を捜しているが未だ見つかっていないそうです。

原爆投下後、母親の行方を捜していた所までは分かっているそうですが・・・。

 

死んだ弟を背負って、火葬の順番を待っている所の写真だそうです。

 

そこに羅列される文字の事実は別として、私がいつも流すこの涙は一体なんなのか。

歳とともに涙もろくはなった。

けど、いつの時も流す時は、心揺さぶられ、ぐっと思うものがあるのに、

涙が乾くころにはどことなくすっきりしていて。

 

自己満足の涙なのかな・・

 

と今朝は思う。

なぜ生き物は命を繋いで生きていくのかな。

命を繋いでまで繋いでいきたい過去や今日であるのかな。

 

でも、同時に目の前の娘の笑顔を見て、この笑顔が1日でも長く続くといいと願う。

小さなありがとうが積み重なる、それが夫婦かな。

相手を改めて想う

f:id:nijikoi:20191004142937j:plain

明日はいい夫婦の日ですね。

こんにちは、虹恋です。

“いい夫婦”ってなんでしょうね。

どんな夫婦をいい夫婦って言うんでしょうか。

 

見た目や他人からの評価では測れないもの

それが夫婦の仲だと思います。

 

さて、そんな中、7歳の娘に先日言われました。

 

「パパとママってさぁ、全然喧嘩しないよね。どうして?」

 

そう言われると、そうね・・・。 

じゃあ私と彼は間違いなくいい夫婦ですね~

 

最近ほんと、何気ない日常がとても幸せです。

幸せだってことを「口にする」大切さってあります。

 

愚痴ることだけじゃなくて、今、この瞬間が幸せだってちゃんと言う。

その思いを共有できるのがそばにいる旦那さんであり家族だから。

 

母の日が近づけば、「普段なかなか言えないありがとうを・・」とかそんなキャッチフレーズがあふれる世の中で。

 

「ありがとう」すら言えない人からは、「愛してる」も「大好き」も期待できない気がします。

 

「こんにちは」

「ありがとう」

そんな当たり前の挨拶が、当たり前に出来ている人。

 

夫婦になる前に見ておくポイントだと思います。

【三重】おやつカンパニーおやつタウンへ 1度で満足、でも1度は行きたい 気になる感じ

お久しぶりです。

虹恋です。

先日娘の学習発表会の振替休日。

月曜日って休みにくくて、困ります。

なぜ振替休日は必ず週明けの月曜日って決まってるんでしょうかね。

しかし、久しぶりの平日休み。

押し切って有給を取得して。

 

朝5時半出発までして、行ってきました

おやつカンパニーのおやつタウン。

 f:id:nijikoi:20191120110235j:plain

今年(2019年)の7月にOPENしたという記事が以前出ていて、

ここだ!って行くことにはしていたんです。

しかし、HPを見るのが遅かった。

2日前に見て、いろいろ体験するには予約が必要!!!

工場見学はもちろん満席で叶わず(泣)

 

平日と侮るなかれ。

秋は校外学習などで混みあってるそうなんです。

ちなみに夏休みは1日6000人が訪れたそうですよ・・・

 

とにかく、自分のお好みでベビスターラーメンが作れるっていう(一人800円もする)体験が、最終の16:40~のみが2名分だけ残っていたので、とにかく予約。

 

しかし、入場券はすでに売り切れ!!!

電話で問い合わせると、

 

「開店まちでチケットを購入されたお客様に関しては、全員お入りいただくようにしてます」

 

「入場規制がかかることもあります」

 

そんな事を言うではないか。

だから、チケット販売はこの日は9:30~だというけれど、絶対購入するために朝5:30に家を出たのです。

 

途中休憩しながら、8:30に現地へ到着。

車はすでに3台止まっていました。

さて、1時間並びました。

時間が近づくにつれて、確かにぞくぞく人が集まります。

(同じように振替休日な人たちが多かった。)

 

そして、無事チケットを得て、入館のために、開店待ちのための列に並ばされ、

そこで分かったこと。

・事前に入場券を購入した方は、発券機で発券をするが、発券機が2台しかなくカウンターで当日券を買った人の方が早かった。

・スタッフの手際が悪すぎる。(これは口コミで言われていたこと)

・発券機をオープン前にスタッフが点検せず、この日は2台とも動かなかった。

 

我先にという気持ちが高まるのが娯楽施設。

ディズニーと一緒、我先に。

その中で、事前に予約したのに全然先に入れない。

その状況は、待っている人をイライラさせて、「なんで事前に買ったんだ」とグループ内で喧嘩勃発。

 

結局入れば、個々人それなりに楽しんでいる様子でしたが・・・。

f:id:nijikoi:20191120111103j:plain

シンボル遊具:滑り台(無料)

以外に施設は狭くて。

体験するものは有料。

f:id:nijikoi:20191120114032j:plain

目玉?本格的アスレチック

幼児500円、中級(2階:写真)1500円、3階(上級)2500円

やることなくなってきたな・・ってところから混みあいます。

昼頃には100分待ち。

狙い目は閉館間近。

f:id:nijikoi:20191120110606j:plain

トイレがそれぞれかわいい。

f:id:nijikoi:20191120110504j:plain

1日2回のショー。踊り子はバレエ。

「さぁ、みんな一緒に踊ろう」

その掛け声に反応したのは、幼児2名位。そもそも場所が狭くて踊れない。

レストラン隅っこで、こっそりベビスターラーメン実演が。

f:id:nijikoi:20191120110343j:plain

f:id:nijikoi:20191120110416j:plain

出来上がりを試食させてくれます。

美味しかった!

でも、集まったのは10人程度。

・・・外の売店で有料で買えるからなのかも?

全体的に食事を含めて、値段が高いなと思わせる内容でした。

なにより、お土産ショップがガッカリ。

え?こんなんだけ?って感じでした。

 

しかし再入場ができるのが、一番ポイント高かった。

なんせ、我々は開店から閉店までいなくてはならなかったから。

(体験が最終の16:40~)だからね・・・。

 

なので、中抜けして、市内を観光しました。

そこでびっくり。

観光する場所なんてな~んにもないのです。

それでもドライブ?して時間をつぶして、再びおやつタウンで閉店までいて。

結果満喫しました。

自分好みの味で作ったMyベビスターラーメンは、消費期限が本日中。

f:id:nijikoi:20191120112211j:plain

f:id:nijikoi:20191120113034j:plain

f:id:nijikoi:20191120112115j:plain

体験時間が最終ということもあって、帰りのドライブの良いお供になり、クリスマスバージョンだったので、クリスマスパーティーのドリンク入れになりますね。(蓋の部分はストローさす口がついています)

 

小学校低学年の子供にオススメな施設かな・・・

 

サンタやら妖精やら。家に福を呼び込むのは親の努力なのね。

歯の抜け変わり

f:id:nijikoi:20191004142937j:plain

こんにちは、虹恋です。

子供から大人に一歩一歩近づいていくという表現が相応しい、歯の抜け変わり。

その歯が抜けると、妖精が来るって話知ってますか?

虹恋自身は全く知りませんでした。

ある日、小学校で聞いたのか娘が教えてくれたのです。

 

Wiki先生によると、

西洋においては、抜けた乳歯を枕の下に入れて寝ると、翌朝歯の妖精がそれをコインアメリカにおいてはクオーターが多い)あるいはプレゼントに交換してくれるという言い伝えがある。

 

私は、東洋方式=上の歯が抜けたら床下に、下の歯が抜けたら屋根の上に向かって「えい」っと投げて育ちました。

 

なんで大人になってお金を払わにゃならんのだ。

ということで、3本目から急に我が家に妖精がやってくることになりました。

はじめ、下の歯が抜けて、なんか腑に落ちなくて10円を置いた(らしい)。

上の歯が抜けた時、あれから時間がたって、いくら置いたか忘れ、ネットで1ドルを円換算して割って、30円を置く。

 

翌朝「上の歯は30円もらえるんだ!下の歯は10円だったけど」と言った娘に、しくじったと思った記憶は鮮明。

 

そして、今回ほんと久しぶりに再び上の歯が抜けた。

「やば、幾らだっけ」懲りずにまた思いましたが、娘が「上の歯だから30円」を楽しみにしていると教えてくれたおかげで夜、さっそく忘れないうちにと用意したのです。

 

ところが、最近はキャッシュレス。以前よりずっと欲しい時に小銭が手元にない!

 

焦った~

 

面倒くさいがコンビニでチョコを買って(余計な出費!)無事妖精任務完了。

 

ほぇ~

お小遣いもすべてキャッシュレスというなのもとに消えてなくならないかしら。

 

歯が抜ける度に少しづつ幼さが抜けていく娘。

毎日背が少しずつ伸びていく。

そのどれをとっても、やっぱりなんだか切ない気持ち。

 

歯が抜け変わるまでは、妖精を信じるピュアな気持ちがあるってまだ信じていいのかな